故郷の夏

私の生まれ故郷は島根県大田市。
海が近くて、小さいころは自宅から歩いて2分の所で泳いでいた。
毎年夏になると避暑をかねて帰省するのだが、
ことしの夏は今まで生きてきた中で一番暑かった。
福岡よりも暑かった。
なにしろ、夜寝るときはいつも窓を閉めるか、少し開ける程度にしていたのに、
今年はなんと布団に横たわると、布団が熱を持って体全体を暖めてくれる。
冬だったらすっごく気持ちいいんだろうけど、今は夏!
こんなんで地球は大丈夫なのかと本当に心配になってくる。
島根県大田市と言えば、先日世界遺産に登録が決定した石見銀山のある町。
いろんなところにポスターやのぼりが出ている。
お土産物のコーナーには、石見銀山にちなんだお菓子やグッズが増えている。
この暑さと観光客の増加で、銀山のある大森地区は水の確保が難しいらしく、節水を呼びかけている。
石見銀山の間歩(坑道跡)の中は感動するほど涼しいんだけど、
今年は観光客が多いし、マイカーの乗り入れを自粛したほうがいいみたいだから、行かなかった。
まあ、たまらないこの暑さもあと数日のようなので、
もうちょっとのガマンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です