こんなんでいいのかな

先日から
目が見えない、耳が聞こえない、しゃべれない
いわゆる三重苦のかたの施術をさせてもらっています。
とりあえず、やってみましょうということで
始めてみたものの、痛みや気持ちいいかどうかも確かめることができず、
どうしようかと少し迷いましたが
体を触ってみると、それなりに凝りはあるので
患者さんの表情を見ながら、すこしずつ筋肉をほぐしていくことにしました。
最初は少し緊張した顔つきでしたが、次第に緩んできて、
しまいのほうはかなりにこやかな表情になっていただけました。
ふと、この方の楽しみや喜びってなんだろうって施術中におもいました。
遊んだり、テレビを見たり、人としゃべることもできない。
食べたり飲んだりする楽しみはあるのかな。
お風呂とかも気持ちいいかもしれない。
あとあんまり思い浮かびません。
そう思ったら、体を触ってあげて気持ち良くなってもらえるって少しはいいことなのかなと
そんな風に考えることができたら、すこしだけこころがかるくなりました。
この方の少し気持ちよさそうな表情になっていただいたことに感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です