熊本地震

5月10日、ご縁をいただき、熊本県西原村の施設「のぎく荘」と「たんぽぽハウス」さんに伺って整体施術のボランティアをしてきました。
九州自動車道で現地に近づくにつれ、他県の支援車両が目立ち、ちらほらブルーシートの家屋が見えるようになりました。
高速道路を降りてからはさらにそれが多くなり、倒壊家屋は見えなかったものの、損壊した壁、瓦の落ちた屋根、道路のひび割れが、被害の甚大さを物語っていました。
「のぎく荘」と「たんぽぽハウス」では、利用者さん、避難されている方、職員さん、ボランティアさんに整体施術を行いました。
そのうちのお一人は、地震で以前からの病気が悪化し、ストレスに押しつぶされそうな様子を語っておられました。
職員さんはご自分も被災者。
明るく働いておられますが、体をさわると疲労がよくわかります。
施術中眠ってしまう人が何人もいらっしゃいました。
高嶋整体院では施術中に眠ってしまう人は多いんですが、初めての施術で眠ってしまう方はそんなにいらっしゃいません。
今回の施術時間は一人当たり20分~30分。
うつ伏せと仰向けをするので、同じ姿勢では10分~15分なのに、眠ってしまわれるんです。
「癒し」という言葉には、「体や心の病気や傷を治す」という意味と、「リラクゼーション」という意味があります。
私たちは単なるリラクゼーションではなく、本当の意味で心や体を本来の健康な状態に戻すことを目的としています。
それは通常の整体院での施術でも、ボランティアとしてする施術でも同じこと。
私たちの施術が少しでもお役に立てたとしたら、こんな嬉しいことはありません。
私たちが現地に行くに当たって、ご尽力いただいた田中さん、剣持さん、スタッフの方々に御礼申し上げます。
熊本のラジオは今でも被災情報がたくさん放送されています。
テレビにはちょうど福岡でも5日間くらいそうだったように、画面の左と下に、被災情報が映し出されています。
被災された方が少しでも早く日常を取り戻すことができるよう願っています。
高嶋整体院ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です