京都のお土産をいただきました

1月末から坐骨神経痛で来院されていた方から、京都のお土産をいただきました。

70歳代のこの女性、最初に来られた時は、右でんぶから脚全体にかけて痛みがひどく、歩くのがやっとの状態でした。

立っているのも座っているのもつらい。

ベッドにうつぶせに寝られない。

右上に横向きになると左肩が痛くなる。

左上の横向きは右でんぶが痛くなる。

仰向けに寝ると足がつる。

同じ姿勢が長く取れないので、体制を変えてもらうのも、寝返りするのが痛い。

 

この方、4月の初めに京都で法事がある予定でした。

痛みが強いので、京都に行くのは無理だろうと思っておられたそうです。

こんな大変な状態でしたが、2か月ほど週1~2回のペースで来院され、かなりよくなりました。

 

そして今日4月8日に来院されました。

京都ではほとんど痛むことはなく、あちこち行けて、なんと80段のお寺の石段を上り、楽しむことができたそうです。

一緒に行かれたご家族の方がびっくりされていたとか。

京都が桜が満開だったそうです。

お土産ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。