中学生の熱い夏

運動部の中学生にとって最大のイベントである中体連の地区大会、県大会が各地で開催されている。
毎年春からこの時期にかけて部活にかける中高生がたくさん来院する。
野球、バレー、サッカー、バスケット、バドミントン、剣道、空手、柔道、陸上、等々
今は最後の試合に向けて地方の大会を勝ち進んだ一握りの生徒たちが、頂点を目指してがんばっている。
ここまで勝ち進んできた子たちは、あちこち故障を抱えて痛みに耐えながら奮闘しているケースが多い。
今までずっと努力してきた分、ここにきて体調不良でチカラを発揮できないのでは、あまりにも悔しい。
そんな子供たちが、個人で、あるいはチームぐるみでやってくる。
はじめはワラにもすがる思いで来るけれど、帰るときにはたいてい笑顔。
なかには一瞬で痛みが全部とれてしまう子もいる。
昨日も4日前に手の指を骨折したバレー部の男子、
痛くて患部にさわることもできない状態で来院。
エネルギーを送るうちに痛みがとれてきて、
だいぶ曲がるようになった。
このチームは3月にも骨折した生徒をみたので、
それ以来チームのメンバーがよく来てくれる。
10日ほど前に来た剣道部の男子、
竹刀で肘を打たれ三角巾で腕をつってきた。
ほとんど痛みで動かせない状態だったが、
エネルギーをいれると、その場で腫れが引き痛みがとれ、普通に動かせるようになった。
帰宅してから信じられないと言うお父さんの前で腕立て伏せをしてみせたとか。
これにびっくりしてチームの他のメンバーや関係者がが先日からたくさん来てくれている。
よくこんな体でやってたね、という状態の子も少なくない。
みんながベストの体調で、日ごろの練習の成果がしっかり出せるように、陰ながら応援しているよ。
一生懸命な君たちの健闘を祈ります。
思い当たる皆さん、よかったらコメントくださいね。

中学生の熱い夏” に対して1件のコメントがあります。

  1. 伊藤 樹 より:

    高嶋先生こんにちは。
    治ったことを信じてもらえず、腕立て伏せをしてみせた。とは凄い説得力のある事実ですね。
    スポーツでの故障の症例をまた教えて下さい。
    髪の毛もちょっと関心あり?(本当はかなり)こちらもまた教えて下さいね!

  2. 高嶋 亨 より:

    今日、中学生たちの県大会があちこちであったようです。
    みんな好いプレーができたみたいですよ。
    増毛にチャレンジしてみませんか!
    ほかのものと併用したらもっといいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です