高校野球と日食に感動

昨日の日食、皆さん見られました?
私たちは春日公園野球場で見ました。
昨日の高校野球福岡県大会の第一試合は、香椎高校と九国大付属高校の対戦。
香椎高校には、うちの息子と小学校時代同じソフトボールチームにいた、T君とM君が出場していました。
香椎高校は県立の進学校。相手は優勝候補の九国大付属高校。
雨のため1日延びてちょうど定休日と重なり、応援に行くことができました。 
球場に行くとなんと照明が点いていて、審判も6人制になっている。
まわりはまだ明るいのにナイターの体制になっていました。
Cimg00951
Cimg00961
試合開始とともに日食は始まりました。
途中からから晴れてきてイニングの合間に日食下敷きで、太陽を観測することができました。
本格的に晴れてきた4回表、4点リードされていたところを2点差に詰め寄りましたが、
食が最大になった6回裏2本のホームランで突き放されてしまいました。
あたりはほんのり薄暗く、照明灯の光が明るく、涼しい空気が球場をおおっていました。
Cimg00981
試合には負けてしまったけど、成長したT君やM君の姿を見ることができて、うれしかったです。
太陽が90%欠けたその瞬間、甲子園を目指した福岡県の高校球児の中で、マウンドに立っていたのはT君、キミ一人だけなんだよね。
また日本で皆既日食が見られるのは26年後。
両校の部員たちは、「あの時はグラウンドにおったんよ」って自分の子供に話してやるのかなあ。
日食用の下敷きは、2週間ほど前に子供たちの分も含めて4枚買っていました。
野球場でも近くに座っていた人たちに回して楽しみました。
次男のクラスでは下敷きをカッターで4等分してみんなで見たそうです。
さあ、26年後は何しているのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です