自律神経失調症

自律神経失調症と診断された方が時々お見えになります。
肩がこる、首がこる、頭が締め付けられる、頭が重い、ボーっとする、
熟睡できない、目が回る、ふらふらする、食欲がない。
自律神経失調症の症状は数え上げればきりがありません。
そしてその一つ一つに対処しようと思うと、薬を飲もうとすればやまほど必要になります。
病名もおそらくいくつも必要になるでしょうから、なんとなく自律神経失調症みたいな名前にくくってしまったのでしょうか。
そういえば昔は痛いのはなんでも神経痛でした。
頭が痛いのも腰が痛いのも、自律神経がまともに働けてないから痛みが発生するともいえます。
自律神経に乱れが生じるのはやはりストレスが一番の原因です。
そして二番目は緊張状態の持続、もしくは極度の緊張です。
といって緊張がなさすぎるのも自律神経を乱れさせますのでやっかいです。
さてこの厄介な自律神経を正常にしようとしたときに何が一番有効なのか。
何をおいても一番はやはり気エネルギーでしょう。
薬は副作用が怖いし、マッサージでは頭までゆるまないし。
高嶋整体院では全身の筋肉をほぐし気エネルギーを流します。
そのあと必要であればストレスの開放などもしますので、体も心も正常になっていきます。
昨日も自律神経失調症と診断された方が来院されました。
帰りにはすっきり楽になって帰っていただきました。
自律神経を正常に保つのは健康の必須条件です。
気エネルギー療法は自律神経に有効に働きかけます。
自律神経失調症、不定愁訴でお悩みの方は一度気エネルギー療法をお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です