もうあとがない

きました。
片方の腎臓は石が詰まってながれないのでだめ。
もう片方の腎臓もほとんど機能していないらしい。
手術もできない状態でお医者さんの話では、もって後三日かな?というところらしい。
まだ9歳の女の子。
なんとかしなければ! と以前当院でいろんなところがよくなったという家の人が、抱きかかえてこられた。
腕の中でぐったり。
そこで超愛術の出番。
数秒後、少し雰囲気が変わった。
そこで続けて、エネルギー注入しながら超愛パワーも続行。
一分。
二分。
三分。
少し元気が出てきたみたい。
もう少しエネルギーを続ける。
首をむくっともちあげると、
「わん」とひとこえ。
そうワンちゃんだったのです。
一週間ぶりにほえたそうです。
それからは、近くを通る車の音にも反応するし、来たときよりかなり元気に歩けるようになりました。
帰りの挨拶も 「わん」とないてさようなら。
超愛術のわんちゃんは初めてでしたが、人間より効果あるかも!
この後の結果が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です