進化の過程

人間は変化を嫌う動物のようです。
ホメオスタシスという言葉があります。
体の恒常性機能のことです。
どうやらホメオスタシスは体だけでなく心にも働くようで、変革をしようとするとかたくなに自分の立つ位置を守ろうとする人たちがいます。
これが年をとればとるほどその傾向が強くなるようです。
時代が変わるように自分のまわりの環境も、自分自身も自分自身でさえ気づかないうちに変化していくものです。
ですからそれにあわせて修正を加えていく必要があるんですが、何としてもそこにとどまろうとするとひずみが生じてどこかが壊れていくことになります。
考え方一つにしても10年前には通用したものがすでに古臭くなっていたりします。
かといって流行ばかり追っかけていても中身のない薄っぺらなものになってしまう恐れがあります。
変わっていかなければならない部分と変わってはいけないところを間違わずに行かなければなりません。
最近新しい療法に取り組んでいます。
以前にもいろんな療法を取り入れてきました。
役に立つものはそれなりにありますが画期的なものはそんなにありません。
いいものがあると施術法が変わることがあります。
施術法が変わるとお客さんがいれかわることがあります。
でもそれを恐れては本当にいいものはできません。
変化を恐れずに前進していかなければなりません。
もうすぐこの地で開業から12年になりますが、中身は一番進化した施術法の整体院でありたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です