健康のカギは脳幹にあり(1)

人間の体を健康に保っていくのに大事なものがあります。
自律神経系
免疫系
内分泌系
脊髄・筋肉系
これら4つの仕組みによって人間の体が正常に保たれています。
これを恒常性機能・ホメオスタシスと言います。
脳幹はこれら4つの仕組みのすべてに関係しているようです。
脳幹が正常に機能し、全身にその脳幹の作用が確実に伝達できれば、体は健康を保ち続けることができると言えるでしょう。
逆に健康体を維持できないということは、脳幹に異常があるのかあるいは伝達経路に異常があるのか。
脳幹の働きが悪いともうこれは健康を維持するのが大変難しいでしょう。
また悪いまではいかなくてもあまり脳幹の働きが不活発であれば何となく体調が良くないというような状態になるのかもしれません。
脳幹の働きの伝達を妨げるものは何かというと、やはりこれは脊椎のゆがみを主とする神経の圧迫などを挙げなければいけないでしょう。
特に上部頸椎のゆがみなどから、バランスの崩れによる筋肉の緊張、
脳脊髄液の流れの阻害、リンパ液の流れの阻害など様々な不具合が生じてきます。
脳幹を活性化する。
脳幹からの伝達をスムーズにする。
この二つのことについて考えてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です