起立性調節障害


起立性調節障害という名前が最近よくきかれるようになりました。

朝起きられなくて学校に行けない子供が増えています。

認知されるまでは、サボっているとか学校でいじめにあっているといった誤解が生じていました。

病名がついて、ひとまず病気であるという事が認められたような形です。

認められたはいいものの今のところ解決策はあまりないという状況です。

まずは実際に施術を受けられたお客様の喜びの声をご覧ください。

高嶋整体院の施術

高嶋整体院では以前から朝起きられないとか、頭痛がするとか、気分が悪くて起きられない子供たちをみてきました。

主に気功エネルギー療法と独自の整体技法により施術にあたっています。

気功エネルギー療法では体の基本である生命力を高め、不調の部分にはたきかけるので自然に快方に向かって行きます。

整体では体の歪みを整え、緊張をほぐしていきます。

体調不良でほとんど学校に行けない子供や、時々は行けるような子が何人も元気に学校に行けるようなっています。

元気とまでは言えなくても何とか学校に通える程度の回復を見せる子もあります。

何人もの子供を施術してみて感じるのは、その原因は多岐にわたり一つの事が不調の原因ではなさそうだという事です。

低血圧が見られる場合が多いようですがそれが原因とも思えません。

低血圧でも通常ほとんどの子は元気だし、血圧を上げる薬を飲んでもあまりうまくいっている様には見えません。

体質の部分が大きいのですが、夜更かしだったり、ゲームだったり、食事だったり、日常生活に絡んで、元々持っていた弱い部分が表面に出てきたりするようです。

また何か強いダメージ(例、いじめ、熱中症など)を受けてそこから発症する場合もあるようです。

身体の状態としては首、肩、背中の緊張と腹部の緊張がよく見られます。

身体全体の緊張を解くことと、ストレスなどがあればそれを解消することが必要になります。

薬や通常の整体やカイロなどではそれらに対処するのは難しいと言えます。

回復までに時間のかかる子もあります。回復しかけてはそこからなかなか変わっていかない子もいます。ですが一回でも施術を受けると、以前に比べきつさが軽くなったり、朝起きやすくなったりといった変化が現れます。

 

起立性調節障害の診断を受けている方も、診断を受けてないけど子供さんの体調不良でお困りの方は、一度糟屋郡志免町の高嶋整体院の気エネルギー療法を受けてみられることをお勧めします。

皆さんの声より

起立性調節障害、頭痛:古賀市 中村さん 男子中学生(お母様より)

中1の春頃から、朝起きると頭痛を訴えることが多くなり、病院で検査を行ったところ、起立性調節障害と診断されました。 それから2年間、毎朝血圧を上げる薬を服用し続けてもなかなか改善されず、学校もたくさん休んできました。 別の […]

起立性調節障害、神経調節性失神:筑紫野市 Kさん 男子中学生(お母様より)

子供が起立性調節障害になり 、ネットでいろいろ調べていたところ、高嶋整体院のことを知りました。 いつも元気に学校に行き、スポーツをしていたわが子が5月ごろから朝起きれず、めまいと身体のだるさと頭痛と失神と…学校にも行けず […]

自律神経失調症、不眠:春日市 Kさん 10歳代 男性(お母様より)

高嶋整体院に来院したのは、19歳の息子が自律神経が悪く、睡眠障害で悩んでいたのがきっかけでした。 2回、3回と通う内に肩、 首、体全体がとても軽くなり、楽になったそうです。 以前よりも続けて眠れるようになりました。 人は […]

起立性調節障害:筑紫野市 男子中学生、腰痛 頭痛:筑紫野市 40歳代 女性(お母様)

私も子供の起立性調節障害で悩んでいまして、高嶋整体院のホームページを見て、効果がでている方達の感想などを読み、すぐにお電話で予約をしました。 子供もここにきたら体の調子が良く、体も軽くなったと笑顔がでてくるようになったの […]

起立性調節障害:福岡市博多区 Sさん 女子小学生(お母様より)

起立性調節障害の娘の為に、来院しました。 疲れやすく、顔色も悪く、学校も休みがちの状態でしたが、1か月通院するようになり、改善が見られるようになりました。 薬を利用する事もあまりなくなり、少しずつですが、元気を取り戻して […]

起立性調節障害:福岡市東区 Kさん 男子中学生

息子が起立性調節障害と言われ、処方された薬もさほど効果がなく、八方ふさがりで悩んでいました。 ふと”気功”という文字が頭にうかび、関連ワードで高嶋整体院さんにたどりつき、祈るような気持ちで来院しました。 奥様の人々をほっ […]

 

起立性調節障害とは

たちくらみ、朝起られない、倦怠感、動悸、頭痛、腹痛、吐き気などの症状を伴い、思春期によくみられる自律神経の乱れです。

午前中に強く午後には軽減する傾向がありますが、重症になると、夜になっても起き上がるのが困難な場合があります。

長期にわたり、学校に行けなかったり、保健室登校を余儀なくされ、学校生活に大きな支障となります。

一般的な治療法としては、薬物療法や生活環境の調整などがありますが、根本的な解決にはなかなかつながらない傾向にあります。